■ 書店様へ   ■ お問い合わせ   ■ ご注文




仏教界ならびに全宗派すべての住職・寺族のための
最も信頼できる実用実務月刊報道誌


―1974年創刊から47周年―
●仏教界全般の出来事をはじめ寺院運営、住職活動、寺族の生活に欠かせない、さまざまな情報を的確・具体的に掲載します。●今、仏教界ならびに寺院の中で何が起きているのか詳しく実地取材します。●マスコミの仏教に対する無知偏見、過剰な寺院批判、宗教への偏見はもとより、行政官庁の宗教無理解を追及し、仏教界ならびに寺院の論理、住職・僧侶・寺族の立場を貫きます。

毎月1日発売 年間購読料18,000円(消費税・送料込み)
6月号画像
A5判・198頁・全頁2色刷
(表紙/上村淳之画伯・文化功労者)
2022年6月号の主な内容 (Vol.575)

[今月号の特集]

葬儀で打つ引磬(いんきん)がうるさいと抗議されたのはなぜなんだ!?
まさかと住職は耳を疑った。葬儀場で「近所迷惑になるので引磬の音を控えてほしい」と伝えられたからだ。もはや故人を送る「音」さえ騒音と受け取られる時代なのか。取材をすると、いつの間にか葬儀場もひどい制約を受けていたのだ。



寺領の不正売却で住職の僧籍剥奪後も収まらない寺院を利権にする紛争
なぜこんな不法がお寺で罷り通ってしまうのか。宗教法人法や宗派に不備があるからなのかと暗澹たる思いにかられる。東京都内の天台宗寺院では住職の独断で9筆もの寺有地が売却され、住職は僧籍剥奪。のみならず、業者との裁判に宗門も悩まされているのだ。



法も遺骨も軽んずるのか!? 単立宗教法人寺院による納骨堂業務問題
その神奈川県横浜市にある納骨堂は、30年以上前に建設されたが宗教法人としてではない。が、納骨を始めた。それから10数年後に同所を担ったお寺が法的に経営許可を得た。しかし代表役員が交代し、今度は納めた遺骨を遺族に無断で他の施設に移し行政指導を受けている。



お寺は「御霊膳(ごれいぜん)」をちゃんと作ってお供えしよう
仏や亡き人を思って手づから作り仏前に供える御霊膳は、次代に必ず伝えたい仏教文化だ。だが、昨今はお寺でも外注が増えているらしい。お寺にこそしてほしい若い人にも分かる伝え方を取材した。



様々な不安や心配事も住職だからこその相談活動によって救われる訳
コロナ禍はもとより、複雑化する社会や人間関係による悩みや困りごとを一人で抱え込む人が少なくない。そんな時世だからこそ、「お寺に相談したい」との期待が高まっている。不安に寄り添う寺院の取り組みを取材した。



光害の心配もあるが寺院ライトアップの成功はなぜか
ライトアップは普段見られない夜のお寺の姿を見てもらえる有効な手段だが、「光害だ」との声もあることを忘れてはならない。その上で、伝統の竹燈籠から最新鋭のプロジェクションマッピングまで6カ寺の取り組みを紹介しよう。



住職ルポ 檀家100軒のお寺の住職が桃作りで後継者難の農業にも活力を与えている
在家に生まれ縁あって仏門を志し、晋山後は全く未経験の桃栽培を始めたというから、惜しみないチャレンジ精神に驚かされる。長野市にある臨済宗妙心寺派寺院の若き住職による常に他を思う挑戦が、いま農村を活気づけている。
 好評増刷! 
 本誌に毎号掲載している「住職ルポ」を単行本とした『みんなに知ってほしい――日本のものすごい10人の住職』(定価2,200円)が大好評! 貧窮者のために1日も欠かさず炊き出しを行う山寺の住職や、参拝ポイントカードや檀家出資の太陽光発電を成功させた住職、檀家ゼロから1000軒余の駆け込み寺に発展させた住職など、各地で奮闘する10人の住職の迫真のルポルタージュです。 <詳細を見る>

 第2弾も大好評! 
 本誌に毎号掲載している「住職ルポ」を単行本化する第2弾『だれだっておどろく! こんなにもすばらしい10人の住職』(定価2,200円)が発売たちまち大好評! 500人余が安楽に暮らせる老人ホームを育てる住職、性同一性障害を乗り越えた住職、毎月3000軒以上に寺報を手配りする住職、ローカル線無人駅をお寺にして人々の憩いの場にする住職など、その営みは今お寺で起きている事実が瞭然と分かる感動集です。 <詳細を見る>



第17回本誌「住職関心事アンケート」結果(2)
毎年恒例の読者アンケート結果報告の2回目となる今回の第1問目は「檀家がお寺にいくら納めているか、寺院運営上はいくら必要か」、第2問目は「お寺は収益事業をしているか、していなければ、その理由は?」だ。シビアな現状を反映した率直なご意見が多数届いた。



特別寄稿「数千カ寺以上が災害避難所として指定されている現状に問題はないか」…稲場圭信(大阪大学大学院教授、宗教者災害支援連絡会世話人)
現在2105カ寺が災害避難場所に指定され、自主避難所を加えると2360カ寺におよぶ。自然災害の頻発により、その数は増える傾向にある。しかし、国は指定避難所でも問題があると指摘し、寺院も例外ではない。では、自治体等と災害協定を結ぶ際に何が必要なのか。



緊急現地情報「命からがらウクライナから隣国に避難した人々に出会って思うは祈りに国境も終わりもない」…茅野俊幸(シャンティ国際ボランティア会常務理事)
今ウクライナから隣国に避難した人々はどうしているのか。日々のニュースを見て誰もが思うことだ。曹洞宗国際ボランティア会(1981年設立)を前身とするシャンティ国際ボランティア会が支援活動を始めた。その現地からの報告。



新連載 住職にも知ってもらいたい在宅医療とその実際(1)…高砂裕子(南区医師会訪問看護ステーション管理者、全国訪問看護事業協会副会長)
「『最期は住み慣れた家で』を叶える在宅医療の必要性」

新型コロナウイルスにより自宅療養に新たな関心が高まっている。それでなくても「最期は自宅で迎えたい」という声を住職は多く聞いているはずだ。そこで、住職も学ぶべき在宅医療の基礎知識を訪問看護の推進者に伝授いただこう。



誌上講座・今からこれから未来の仏教ラボ〔42〕…遠藤卓也(『未来の住職塾』講師)
「かかりつけのお坊さんになるための実践」 対論…松村妙仁(福島県・真言宗豊山派壽徳寺住職)
松本紹圭のテンプルゼミ(28)「お寺も住職もトランジションを」

 新刊発売! 
 この連載を元にした単行本『みんなに喜ばれるお寺33実践集―これからの寺院コンセプト』(定価2,530円)を出版しました!コロナ禍の今、お寺はいかにすればいいかと憂慮する住職が増えています。未来にもつなぐために奮闘し、現状を好転させた全国各宗派33カ寺の奮闘に学ぶ実践集です。 <詳細を見る>



人は死んだらどこへ行けばいいのか(20)
「誰もが死して神になれるとする考えが日本近代化に必要だった訳」…佐藤弘夫(東北大学大学院教授)

世界中が、まさにナショナリズム沸騰の中にあるように見える。世界大戦の悲惨を経験して至った21世紀なのに、こんなことになろうとは誰が予測できたのか。宗教の世界、とりわけ人の死をいかに弔うか、日本の近代に改めて学ぼう。
 好評発売中! 
 東北大学大学院・佐藤弘夫教授の本誌連載の単行本『人は死んだらどこへ行けばいいのか――現代の彼岸を歩く』(定価2,420円)がたちまち大好評です。人は死ねば消えてなくなるとした民族は存在しない。だが今、お墓を捨てる日本人が増えたのはなぜか。日本思想史の泰斗が列島の霊場多数を踏査した圧倒的結論とは?古代から今日に至る「他界観」激変史年表も必見。 <詳細を見る>



僧侶が見る近代における仏教者の実相(14)
「攘夷を貫くために大衆とともに武器を手にとり蜂起した僧侶たちの動向」…髙橋秀慧(宗教史研究者)




最重要課題連載 人生100年時代の宗教指導者の長い老後問題(28)…川又俊則(鈴鹿大学学長/宗教社会学者)
「同じ人生100年時代でも世界には漂流する高齢者がいる事実から何を学ぶか」

ノマドをご存じだろうか。英語で遊牧民、放浪者のことだが、今日では、決まった仕事場も居住地さえ持たずに暮らすワークスタイルを指す。それはIT産業の若者の話だと思ったら、世界にはノマドの高齢者が大勢いるというのだ。



葬送の習俗が揺らいでいる深層にあるもの〔34〕…山田慎也(国立歴史民俗博物館副館長)
「地域でも時代でも変化する位牌の形から分かること」

住職ならば、位牌の形にこだわりがあるのではないか。といっても、菩提寺用にと檀信徒から寄せられた位牌を見ると一様ではない。年代ものから新しい形まで様々。地域でも形は変わる。それはなぜなのか、まず形から見よう。



連載[寺院・住職に直言・提言する]
加藤治郎 (歌人) … 「紙の墓」
辻元清美 (前衆議院議員) … 「『命まではとられることはないのよ』」


 絶賛大人気! 
 本誌好評連載中の「寺院・住職に直言・提言する」より25話を厳選、収録した単行本『各界第一人者25人による今こそお寺に言いたいこと』(興山舎『月刊住職』編、定価2,530円)がたちまち大好評です。元首相、作家、俳優、ジャーナリストなど各界の著名人25人による寺院住職への忌憚なき意見・提言・随想は住職のみならず在家の人にもぜひ読んでほしい! <詳細を見る>



 いま、売れてます 
 世界194カ所に20万あまりのポールを建立した五井昌久の宗教と人生を学術的に初めて解明した、気鋭の宗教学者・吉田尚文による第一級研究書『五井昌久の思想と生涯――現代の彼岸を歩く』(定価4,180円)が好評発売中です。富士山山頂や原爆ドーム、バチカン、エジプトのピラミッド前、全国の市役所、公園、学校、観光名所、街角、神社教会、それに各宗の寺院にも建っている「世界人類が平和でありますように」とは一体何か。 <詳細を見る>



四苦八苦に応える臨床仏教ケアスタディ〔21〕…谷山洋三(東北大学大学院教授、真宗大谷派僧侶)
「『急いで終活しなきゃ』と妻に迫られた檀家がお寺に駆け込んできた」

長生きするにつれて「終活」という情報に関心を向ける人が増えている。当然、檀信徒からこれについて相談を受けることもあるに違いない。そのとき住職はどうすべきか。相手の気持ちを受け止めつつも、対応に必要な心得もある。



誌上セミナーやればできる! 寺院活性化のためのケーススタディ〔62〕
「コロナも円安も戦争も特に若者を苦しめている事実を知ろう」…堀内克彦(宿坊研究会代表)

急激な円安は、世界が日本に未来はないと見た結果か。もちろん、日本にもコロナ禍に加え戦禍が襲いかかる。その影響をもろに受けているのは、実は若者なのだ。ここ数年の自殺者の状況を見れば歴然。いま寺院に何ができるか問われている。



初めての人に仏教を説くために最新版仏教文化基礎講座〔134〕
「覚った後の釈尊にも無明が襲いかかるというのはなぜなのか」…鈴木隆泰(山口県立大学教授・寺院住職)

 既刊大好評! 
 日本印度学仏教学会賞受賞者・鈴木隆泰教授の本誌連載の単行本『ここにしかない原典最新研究による本当の仏教』第1~4巻が好評発売中です(ともに定価2,640円)。
<第1巻の詳細> <第2巻の詳細> <第3巻の詳細> <第4巻の詳細>



現代日本の宗教最前線の状況と問題〔108〕
「信ずるものに命を賭すことの何が問題か」…櫻井義秀(北海道大学教授・宗教社会学者)
 新刊刊行 
 本誌連載の櫻井義秀教授の単行本『これからの仏教葬儀レス社会――人生百年の生老病死』(定価2,530円)が大好評です! 新型コロナウイルス以後、葬儀をしたくてもできない時代が来るかもしれない。そのとき仏教は人々の苦に寄り添えるのか。寺院住職のニューノーマルが問われる必読書。 <詳細を見る>



障害者を快く迎えるお寺にしよう〔73〕
「障害者が社会で働くことの意味は全ての人にも等しく通ずる」…野沢和弘(毎日新聞客員編集委員)




[ショートルポ]
●なんで境内に五右衛門風呂なのか、住職の覚悟――川崎市・曹洞宗寺院の寺フェス大盛況の秘訣に何が!?
●寺族もなぜ僧侶と同じく懲戒対象としたのか――曹洞宗の懲戒制度改定をめぐる議員の質疑と総長答弁
●NHKが高野山参詣道を壊す工事を進めた訳――世界遺産で国史跡の女人道に無許可で200メートル土嚢を敷設



[法律・税金相談]
法律相談… 本間久雄(弁護士)・伯母治之(弁護士)
質問1 本堂や境内地に寄付者の名前や金額を掲示するのは法律違反に当たるのか
質問2 医療について病院の対応に疑いがある場合にはどんな対応をすればいいのか

税金相談… 河村照円(税理士・行政書士・寺院住職)
質問1 「電子帳簿保存法」の改正で寺院の会計事務上どんな法的義務がありますか
質問2 人とペットが一緒に入る樹木葬や納骨堂の使用料や供養料は課税されますか






 [好評連載]

 住職リーダーズダイジェスト〔2〕
 
「生物地理学的世界史が今なぜベストセラーなのか」
  野生司祐宏
(浄土真宗本願寺派實相寺住職)


 お寺のためならばなんだってやりたい記〔4〕
 
「戒名の壁をいかにして生前戒名1200人余に繋げたか」
  長谷雄蓮華
(浄土宗大法寺住職)


 認知症高齢者と共に歩む僧侶如実記〔32〕
 
「介護から切り離せない排泄介助『うんこの壁』を釈尊に学ぶ」
  日髙明
(社会福祉士/浄土真宗本願寺派僧侶)


 本当の創価学会問題〔119〕最終回
 
「創価学会はなぜ機関新聞においても会長発言でも『ロシア』の国にふれないのか」
  段勲
(ジャーナリスト)


 今こそ宗教と法律の問題新講座〔88〕
 
「住職も無縁ではないパワハラやセクハラの防止についての責務」
  櫻井圀郎
(宗教法および宗教経営研究所長教授)


 色即是空の科学事始め〔193〕
 
 「文明資源は地下から地上へ――2度目の産業革命に原発は問題外のわけ」
  池内了
(総合研究大学院大学名誉教授・宇宙物理学者)

 既刊好評 
 本誌連載を単行本とした『人間だけでは生きられない―科学者として東京オリンピックに反対します』(定価2,530円)が各界より大注目です。「年をとると一日が速く過ぎるわけ」「放射線被曝限度量は誰が決めるのか」など、日本を代表する宇宙物理学者による最新科学情報の厳選70話を収録。 <詳細を見る>



 臨終医しか知らない大事な話〔42〕
 「団塊の世代に告ぐ! 過度の安静は臨終をはやめます」
  志賀貢
(内科医/医学博士)


 今からの宗教酔眼千里眼〔103〕
 
「日本人と現代仏教の位相(103)――近代仏教とは何か(23)」
  島薗進
(上智大学教授・日本臨床宗教師会会長)


 78億人の宗教トレンド〔144〕
 「半世紀前の北アイルランド・ベルファスト暴動を描く映画がいま心を捕らえる訳」
  荒木重雄
(アジア社会研究者・社会環境学会理事長)


 コラム 盆踊り全国漫遊記〔80〕
 「金山でも盛んだった盆踊り」
  柳田尚也
(湘南盆踊り研究会代表)



[別冊付録](12ページ) ●毎号「法話特集」の別冊が付きます。



 既刊好評 
 本欄掲載を元にした、井上ウィマラ(日本仏教心理学会会長)著『子育てから看取りまでの臨床スピリチュアルケア』(定価2,420円)が大好評です! 家族の問題や肉親の死に心をいためる人々をケアする人にこそ救いが必要な現代、臨床仏教スピリチュアルケアの第一人者による事実に即したケアの方法と効果を記す厳選50話。僧侶やカウンセラー、看護介護者、ケアワーカー、セラピストなどの専門職にこそ必読の実践書。
 
<詳細を見る>



 露の団姫のお笑い仏教寄席〔85〕
 「JR福知山線脱線事故を風化させぬための写経プロジェクト」
  露の団姫
(つゆのまるこ、落語家)

 既刊好評 
 本欄掲載のとっておきの35話を書籍にした『みんなを幸せにする話し方――露の団姫の仏っちゃけお笑い問答』(定価1,870円)が、大好評です! 人を和やかにする法話のヒントが満載。どこから読んでも話のネタになる。仏教落語家ならではの話し方で檀信徒へのお説教も面白く伝えられます。笑いこそ法話に不可欠だと誰もがナットクの一冊。
 
<詳細を見る>



 お説教のタネ本「今のウクライナの現状を憂いつつ問うべき名言」


 在俗の説法者〔239〕 「世界中の祈りとともに」
  篠原鋭一
(曹洞宗住職・自殺防止ネットワーク「風」代表)

 既刊好評 
 この連載を元にした単行本、篠原鋭一著『この世でもっとも大切な話』(定価1,980円)が、各方面から大絶賛です。「少年院からの手紙」「風でもいいから会いたい」「原発に引き裂かれたもの」など感動あふれる説法の話材となる30の実話を収録した最高最善のお説教読本です。また、MBSラジオで連続ラジオドラマにもなった、感涙のロングセラー『みんなに読んでほしい本当の話』第1集第2集第3集(定価 各1,572円)、第4集(定価2,200円)も檀信徒や友人へのプレゼントに大好評です。



 既刊好評 
 本欄連載を元にした落語と仏教説話満載の単行本、亀井鑛著『だれでもできる大往生』(定価2,090円)、面白くてためになる落語名作をまとめた『落語で大往生』(定価1,870円)がいずれも大好評。住職の法話の教本として、また人生に悩む檀信徒への施本に最適です。



 好評連載 生き物たちの生と死に学ぶ〔6〕 「ゾウの墓場はあるか」
  稲垣栄洋
(静岡大学農学部教授)


 住職のための今月のことば
 
「ユダヤ人虐殺と梵鐘供出」
  稲垣真澄
(産経新聞元編集委員・ジャーナリスト・僧侶)

 既刊好評 
 この連載を元にした稲垣真澄著『いつでも法話ができる現代布教キーワード必ず説きたい176話』(定価3,190円)が大好評。「TPP」「ゼロ葬・直葬・墓じまい」「ドローン」など現代を読み解くキーワード176を14のジャンルに分け、キーワードごとに見開き2頁で編集。毎日起きる出来事や変化を素早く法話に織り込むための実例集として最良最適。
 
<詳細を見る>



 すぐ使える法話セミナー〔62〕 「文殊菩薩を説法に」
  村越英裕
(臨済宗妙心寺派住職・イラストライター)

 既刊好評 
 なぜ人の死に仏教がかかわり、僧侶がその導師となれるのか。村越英裕著『すぐに活用できる 全宗派対応 葬儀実践全書』(定価4,730円)では、その答えとなる各宗の葬儀次第、戒名法名法号、歎徳文・諷誦文・引導・表白の法語、導師の説法などの全要諦をそのまま使えるように編集。僧侶必読の書。 <詳細を見る>



 法語伝道聖句三昧〔282〕 「『またいつか』という口癖を捨てよう」
  天野こうゆう
(高野山真言宗住職)


 いまどきマンガ説法〔119〕 「玄関」
  佐々木正祥
(真宗佛光寺派住職)

 最新刊発売! 
 この連載を元にした書籍『―だれでも自由に使える(著作権フリー)―マンガde仏教111キーワード』が大好評です。保護司で福祉活動家の住職による絵と文のひとコマ漫画説法。日常語になった仏教語から最新の流行語まで111作品は誰でも自由無償で利用可能です。 <詳細を見る>








 ◆年間購読料(12冊) 18,000円(送料・消費税込み)
 ※購読者の特典 寺院に関する法律・税金相談に専門家が回答します。


 ◇1冊のお申し込みの場合 定価1,500円(税込)+送料300円(税込)となります。
  2冊以上の場合、送料は無料となります。

 ◆お申し込みは…
  お近くの書店でご注文いただけます。
  お葉書(〒105-0012 東京都港区芝大門1-3-6 株式会社 興山舎)、
  お電話(03-5402-6601)、FAX(03-5402-6602)、
  郵便振替(00190-7-77136)にてもお受けいたしております。
  メールにてお申し込み>> クリックしてください





 ◆専用ファイル 2,750円(送料・消費税込み)
 ・落ち着いた紺色クロスに金の箔押し。1つのファイルに別冊とも12カ月分が綴じられます。
 ・ファイルは表紙・裏表紙・背表紙に分かれ、厚紙にクロスくるみ仕上げの堅牢な作りです。
 ・背表紙は整理しやすいファイルナンバー入り。
 ・紐は耐久性のある丈夫でしなやかな特製紐。下の写真のとおり、結んでファイリングします。
専用ファイル画像
 ◆専用ファイルのご注文は…
  お葉書(〒105-0012 東京都港区芝大門1-3-6 株式会社 興山舎)、
  お電話(03-5402-6601)、FAX(03-5402-6602)、
  郵便振替(00190-7-77136)にてお受けいたしております。
  メールにてお申し込み>> クリックしてください



<このページのトップに戻る>






 ■ ニュース ■

ニュースの続きは
こちらをクリック


月刊「寺門興隆」

バックナンバーの紹介

みんなに喜ばれるお寺33実践集

人は死んだらどこへ行けばいいのか

本当の仏教 第4巻

本当の仏教 第3巻

本当の仏教 第2巻

本当の仏教 第1巻

こんなにもすばらしい10人の住職

日本のものすごい10人の住職

今こそお寺に言いたいこと

今こそお寺に言いたいこと

今こそお寺に言いたいこと

この世でもっとも大切な話

葬式仏教正当論

いつでも法話ができる 現代布教キーワード

だれでもできる大往生

落語で大往生 お説教のススメ

お位牌はどこから来たのか

みんなに読んでほしい 本当の話 第4集

みんなに読んでほしい 本当の話 第3集

仏教現世利益事典 第1巻

人間だけでは生きられない

葬儀実践全書

必携 寺院の作庭全書

史実 中世仏教 第1巻

史実 中世仏教 第2巻

史実 中世仏教 第3巻

親と子の心の解決集

今月の仏教関連書籍
新刊レビュー


仏教界データ リンク集

書店様へご案内

株式会社 興山舎
kohzansha

〒105-0012
東京都港区芝大門 1-3-6 喜多ビル

TEL 03-5402-6601
FAX 03-5402-6602

Copyright (C) 2006-2021 kohzansha. All Rights Reserved.